868c0ac7965bf11cde2487b20d665514_s

成長期の子供はさまざまな栄養をたくさん摂り、ぐんぐんと成長していきますがなかでも重要と言われるたんぱく質が不足しているとどうなるのでしょうか?

また逆にたんぱく質を摂りすぎた場合についても調査してみました!

たんぱく質が不足すると・・・?

成長期に身長を伸ばす為に必要なものは骨をつくるカルシウムや亜鉛も必要ですが、筋肉の原材料であり、成長ホルモンの分泌をうながすたんぱく質も重要です。

そのたんぱく質が不足してしまうと、骨や筋肉をはじめ、皮膚や臓器など体の重要な器官の原料が足りなくなってしまうので、成長がストップしてしまう可能性があります。

特に成長期の子供は成人した大人よりも推奨される摂取量が多く、たくさんのたんぱく質を必要としていますので、普段の食事から気を付けておく必要があります。

 

たんぱく質を摂りすぎた場合は?

たんぱく質は摂りすぎてしまったとしても明確に副作用や悪影響があるという事はありません。

ですが、たんぱく質は肉類などに豊富に含まれている為、過剰摂取=食べ過ぎになってしまった場合カロリーオーバーで肥満の原因となってしまう可能性がありますので注意したいところです。

成長期には食事以外にも睡眠や運動も重要な要素ですので、きちんとした運動を心掛けていればあまり心配はないと思います。