078c1f05284a057394976db731de5428_s

 

成長期に身長を伸ばす為に必要なものは栄養と睡眠、そして運動の3つが不可欠です。

 

その中で運動は成長ホルモンの分泌を促したりするだけではないのです。

エネルギーを使ってお腹を空かせてきちんとご飯が食べれるようになったり、疲れた体を休めるために夜ぐっすり眠れるなど身長を伸ばす目的でなかったとしても体が成熟していない子供達にとってかなり重要な要素となっています。

 

しかも昨今の子供達はひと昔前の子供よりも運動量が減っている為、部活動などに参加していない子は積極的に運動する機会をつくってあげる必要があります。

ですが、運動ならなんでもいいの?というとそうではなく、成長期には避けた方が良い運動方法もあるんです!

ここではそんな運動方法をお伝えしようと思います。

 

高い負荷をかけたウェイトトレーニングはダメ!

部活動などでは体を鍛える目的で筋トレをする場面も多々あるかと思います。

 

自重を使った筋トレ(腕立て伏せや腹筋など)であればむしろ積極的に実践した方が成長ホルモンも分泌されやすくなるそうですが、

器具や機材を使ったウェイトトレーニングを過度に負荷をかけて行うのは避けた方が良いです。

 

成長期に身長が伸びる要素として骨の成長がありますが、あまり高い負荷をかけてしまうと骨の成長を司る「骨端線」という軟骨部分がすり減ったり損傷してしまって、身長が伸びなくなってしまう可能性があります。

 

激しく疲労するような運動はダメ!

どんなものでも当てはまると思いますが、何事も「やりすぎ」はよくありませんよね。

成長期の運動についても同様で、あまりにも疲れすぎてしまう程のオーバーワークは避けた方が良いでしょう。

 

また、部活動などで過激な運動をしているのに、栄養・食事量が十分にとれていない場合だと、体重が減っていくのはもちろんですが、同時に体の成長にも害が及びます。

特に女の子の場合ダイエットとして食事制限をする子が多いですが、運動と栄養・食事のバランスに気を使ってあげる必要があります。

 

 

いかがでしょうか?

男の子の場合は過度な筋トレ、女の子の場合は運動量と食事量のバランスという点で成長を阻害している可能性が高いかと思います。

おおざっぱに言えばやりすぎないように注意しましょう。といった感じですね。

 

特に食事については成長期=思春期の子供だと栄養バランスが乱れがちなので、当サイトで比較している栄養補助ドリンクなどを上手に使って足りない栄養素を補充してあげると良いかもしれません。

>>成長飲料比較はコチラ