7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s

運動系の部活や野球やサッカーなどのジュニアリーグに所属している将来のアスリートを目指す子にとって「プロテイン」という単語は必ず一度は気にするものだと思います。

ですが、「プロテイン」というとどうしても写真のようなマッチョな男性が飲むものというイメージがあるのではないでしょうか??

果たして子供はプロテインを摂取する必要があるのか?調べた結果をお伝えしたいと思います。

 

プロテインの正体とは

プロテインという単語を聞くとステロイドのような筋肉増強の薬品のようなイメージがあるかもしれませんが、実はプロテインというのは「たんぱく質」の英語で表現しただけなのです。

一般に販売されているプロテインとはたんぱく質を粉状や錠剤状にした製品の事を表しています。

もちろん種類によってはたんぱく質以外にも筋肉に良いとされるビタミンやアミノ酸などが含有されている事もありますが、主成分がたんぱく質である事は変わりません。

 

子供は基本的には摂取しなくても良い

一般論としては子供はプロテインを摂取する必要はないという見解を示す方が多いようです。

成長期の子供であればプロテインからたんぱく質だけをたくさん摂取するよりも食事からたんぱく質を含む栄養素をバランスよく摂る方が良いとされています。

ただし、食事から必要な栄養素を全て摂取しようとしても現実的にはなかなか難しいのが実情だと思います。

特にスポーツアスリートを目指す子であれば、一般的な同世代の子供よりもたくさんのたんぱく質が必要とされるため、

食事だけでは補えないたんぱく質を含んだ栄養素はジュニアプロテインや栄養機能食品である補助ドリンクなどを上手に使ってフォローしてあげる事も必要かと思います。